世界No1 求人検索エンジン

Indeed

使った求人成功方法とは!?

   Indeedの特徴・仕組み

月間1,200万人もの人がアクセスする世界No1求人検索エンジン!!

求職をはじめる85%の人が利用しています

Indeedとは求人情報に特化した検索エンジンです。ネット上の様々な求人情報を”収集・整理・マッチング”するもので、Googleの求人特化版。マイナビ・TOWNWORKなどの求人サイト情報やハローワークの情報などもまとめて検索できるサービスです。
日本では月間1,200万以上のアクセスがあり、大手求人広告サイトのアクセス数、月間200万~400万と比較するとIndeedの利用数がとても多い事が分かります。

   Indeedと求人広告サイトの違い

求人広告サイト(マイナビ・TOWNWORKなど)では、求人広告会社に依頼した企業の求人情報しか閲覧ができません。
それに対し、Indeedに表示される求人情報はネット上に公開されているあらゆる求人サイト情報(求人広告サイト、ハローワーク、企業のHP)とIndeedに直接投稿した求人情報が掲載(インデックス)されているので、求職者は多くの求人情報を一度に検索・収集する事ができます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                   
求人広告/Indeed比較求人広告会社Indeed
 求人検索表示
求人検索表示申込企業のみWeb上の求人情報
申込企業
 募集記事内容
募集記事内容各社規定フォーム直接投稿フォーム
企業採用ページ
 利用料金
料金形態有料掲載無料
有料掲載
 課金形態
課金形態掲載課金
応募課金
採用課金
クリック課金
※リアルタイムに予算設定可能
 掲載期間
掲載期間契約した期間なし
※リアルタイムで設定可

  Indeedの募集記事掲載

◆募集掲載方法は”直接投稿型”と”クローリング型”/"無料掲載"と"有料掲載"

Indeedのフォームよりテキスト入力をする”直接投稿型”と自社採用サイトをIndeedにリンクさせる”クローリング型”があります。直接投稿型は簡単に作成できますが、テキスト形式で指定形式なので、企業の魅力や特徴などを伝えるのが難しい。
クローリング型は自社採用サイトにリンクしているので企業の特徴が伝わりやすいが、Indeedの規定があるので注意が必要。それぞれ無料掲載・有料(スポンサー)掲載が可能です。

直接投稿/無料掲載 

Indeed内のフォームよりテキスト入力ができ、簡単に募集記事を作成できる。
有料(スポンサー求人)記事や新着が上位に表示されるため効果が薄い。

無料掲載/クローリング型

自社採用ページをリンクさせてIndeedに表示する事ができる(クローリング型)
画像など企業の特徴やイメージを伝えやすく効果が高いが、無料掲載では表示順が低く効果が薄い。
複数の求人がある場合に優先順位の低い募集を無料にすることもできる。

スポンサー求人/直接投稿

Indeed内のフォームで入力したテキスト投稿記事を有料(スポンサー)掲載する事で表示順が上がり効果をが期待できます。
テキスト表示の為、企業の特徴や魅力を文字のみで伝えなければなりませんが、アルバイトや軽作業ではテキストフォームでも効果が期待できます。

スポンサー求人/クローリング型

有料(スポンサー)掲載する事で自社採用サイトを効果的に求職者に見てもらう事ができ、応募に繋がりやすい。
リンクできるサイトには条件があるので確認が必要です。

  スポンサー求人の料金シミュレーション

   応募数 = クリック数×3%~0.5%

クリック単価はおおよそ30円~250円(職種・エリアなど募集内容により異なる)
一般的にインターネットの閲覧数に対し3%から0.5%の人がアクションを起こします。
応募100人のクリックに対し0~3人の応募が目安となります。
クリック単価やクリック数はIndeedのレポートでリアルタイムに把握できます。

◆クリック単価:110円の場合
 110(クリック単価)×100(クリック)=¥11,000で0~3名応募

求人募集の成功方程式は
Indeed + 自社採用サイト!!

  採用サイトが必要

自社採用サイトがIndeedの条件を満たしていない企業様・自社採用サイトをお持ちでない企業様もご安心ください。
実際にIndeedで25,000件以上の記事を作成・運用した実績を元に開発した”誰でも・簡単・綺麗ですぐにIndeedに対応した求人募集採用サイトが作成できる”Self-jobを月額5,000円~提供しています。

Self-jobの詳細はこちら »

  採用サイトを持っている

Indeedと自社サイトを連動させる場合には掲載条件があります。代表的な条件は、1ページ(1URL)に1求人である事・1つの募集内容になっている事・応募ボタンがある事などです。この条件が満たされているサイトをお持ちの方はすぐにIndeedへ連絡し、自社サイトのクローリング(読み込み)をチェックしてもらいましょう!!

Indeed HP はこちら »

  サポートが必要

どうしたら良いか分からない企業様。年間5,000件以上の求人をIndeedで運用し、Indeedを熟知している担当者が、Indeedへの連動など導入のサポートをしています。また、導入後にはクリック単価の設定やレポートの解析など、求人広告とは違う運用が必要となりますが、自社内で運用ができるように慣れて頂くための3ヶ月間のサポートもまとめて行っています。

サポート料金 はこちら »

Googleおしごと検索(Google for jobs)対応!

ご存じですか?
2019年1月よりGoogle検索で仕事探し検索ワードを入れると、画面中央に求人情報をまとめた”求人枠”が表示されるようになりました。
これは、Googleおしごと検索またはGoogle for jobsと呼ばれ、Googleが求人の検索と認識した場合に検索ワードに一致する仕事情報の一覧を表示するシステムです。
「例:名古屋 事務 仕事」 でGoogle検索してみてください。1ページ目の中段辺りに青い枠で囲まれた3件の仕事が表示されている事を確認できると思います。
これが、Googleお仕事検索(Google for jobs)です。
これは無料でGoogleが提供しているシステムで、一定の条件を満たしたサイトが表示されます。 Self-jobではこの条件を満たしているので、求人情報を公開するだけでGoogleおしごと検索に表示されるようになりますので、応募効果がかなり期待できます。

  無料相談はこちら